強迫性障害という病気|あなたの不安を払拭する

我慢ではなく治療しよう

スーツの男性

強迫性障害は治療で治すことが可能なので心療内科や精神科を受診しましょう。病院を選ぶときは口コミや評判を参考にするのも一つの方法です。実際に治療をする時は身近な人に病気の事と治療をしている事を報告するのが良いです。

More Detail

強い不安を打ち消すには

看護師

強迫性障害は強い不安から異常な行動に出てしまう症状があり、本人が自覚していてもなかなか止められないところがあります。考えられる原因は、ストレスや脳の機能障害、また本人のもともとの性格も少なからず影響してきます。少しでも症状を抑えたい場合は、専門の治療を受けることで不安から解放されるようになれます。

More Detail

心の病気に立ち向かう

レディ

強迫性障害とは、何でもない状況や観念に異常にこだわったり、その結果日常生活に支障を来したりする精神疾患です。誰の身にも起きる可能性がありますが、薬物療法や認知行動療法などの治療を早期に開始すれば治癒する可能性が高い病気です。

More Detail

発症しやすい性格は

紙とペン

強迫性障害とは小さな事が気になって何度も確認してしまう症状のことです。不安が根底にある病気なので薬物療法と精神療法で効果があるといわれています。症状に気が付いたら精神科を受診しましょう。また家族や身近な人ほど変化に気が付きやすいので、病気を理解して治療をサポートしてあげましょう。

More Detail

心に負担がかかる病

カウンセリング

過剰な不安がある場合は

強迫性障害は心の病気です。原因ははっきりと分かっていませんが、過剰に不安を感じてしまう症状が特徴です。過剰な不安とは、たとえばテレビや雑誌などの占いでラッキーカラーを見るとついついラッキーカラーを持って外出するなどです。また、家の鍵を閉め忘れていないか不安になり、確認をしに家に戻ってしまう方もいます。誰でも気持ちが理解できるような事柄を、強迫性障害の場合は過剰に気にしてしまいます。とことんラッキーカラーに拘る、家の施錠の確認を何度もしてしまうなど過剰にこだわってしまう特徴の症状です。強迫性障害は子供でも発症してしまう病気で、自分が病気であることに気づかない場合が多い病気です。しかし、子供の場合は保護者が気づく事が多く、成人の場合はパートナーや家族、周囲の友人などからの指摘がきっかけとなって病院を訪れる人も多いです。占いのラッキーカラーのこだわりがあったって、本人が満足すればそれでいいじゃないかと思うかもしれません。しかし、この病気は悪化してしまうとラッキーカラーをもたなければ不運があるから会社へいけない、学校へ行けないまで思い込んでしまいます。その結果、引きこもりの原因までに悪化してしまう可能性がある病気なのです。病気が悪化しないうちに周りの人が病気に気づき、治療へと進む事が引きこもりを防ぐ道です。

治療が可能な病気

強迫性障害が子供であった場合、保護者は自分の育児、躾、教育のせいではないか、学校でいじめられているのではないか、など不安に感じる保護者は多いのではないでしょうか。しかし原因は現在の所分かっておらず育児、もともとの性格、またはまったく別の原因など、これから解明に期待したいところです。原因ははっきりと分かっていませんが、治療方法はありますので、強迫性障害の疑いがある方は放置せず医師に相談してみてください。心療治療でまず難関と感じるのは、病院選びではないでしょうか。身体の病気と違って口コミの少ない心療内科の病院選びは大変ですが、信頼できる先生と病気の治療をしていく事が早い回復へと繋がります。病院探しでは児童の場合は、学校の心理教育専門の先生に相談してみましょう。成人の場合は、会社に常勤している産業医に相談してみるなど病院へ行く前の事前相談も有効です。強迫性障害の疑いのある家族がいる場合、パートナーや家族が過剰に手を洗っていたり、過剰に占いに拘っていたり、という行動を毎日傍目で見ているのは家族にとってもストレスとなってきます。時には強く注意してしまうこともあるかもしれません。しかし本人も不安を抱えてストレスを感じているのです。家族間の関係が悪化に繋がり、最悪の場合は心の病をかかえたまま自殺というケースも十分ある病気です。したがって、周りの人も疑いがあった時は治療をすすめましょう。