発症しやすい性格は|強迫性障害という病気|あなたの不安を払拭する

強迫性障害という病気|あなたの不安を払拭する

発症しやすい性格は

紙とペン

小さな事が気になる

強迫性障害とは、自分にとってつまらないことでも常に頭から離れず同じ行動を繰り返してしまい日常生活に支障をきたす病気です。例えば不潔に思って手を何回も洗ったり外出前に戸締りをしておいても安心できなかったり、精神的な苦痛や不安、恐怖など不快な感情が常に発生します。自分の意思に反してしつこく何度も繰り返して悪いイメージが思い浮かぶので社会生活に悪循環が起こります。強迫性障害の人の症状はとても変化に富んでいて人によって様々です。一つの行動だけにとらわれる人もいますが、複数の行動や正確さ、順序などにとらわれる人が多いのが特徴です。主な行動が、トイレ後の汚染や手の洗浄、火の元の確認、ごみの溜め込みや物の配置など自分の決めたルールに異常に執着してこだわります。このような症状は心の病気ともいわれますが、うつ病やパニック障害ほど多くはありません。決して珍しい病気ではなく軽度の症状を持つ人はかなり多く存在すると考えられています。強迫性障害を発症しやすい人の特徴としては、責任感が強く綺麗好きで完璧主義、几帳面で仕事熱心で自分を追い込んでしまう人などです。ですがこの病気は初期のうちに発見して適切な治療を受ければ、早く改善することが出来る病気です。

適切な治療と行動療法

強迫性障害の治療にはカウンセリングと薬物療法と認知行動療法があります。通常はこれらを組み合わせることで治療効果が上がります。薬物療法は強迫性障害の原因であるセロトニン物質の異常を調整する抗うつ薬や阻害薬を使用します。セロトニンは脳の中の神経細胞から分泌される物質で、情報を判断して精神を安定させる働きがあります。強迫性症状の人は、このセロトニンが減少しているので感情面や行動、思考に制御が効きにくくなることがわかっています。服薬を始めると症状が軽い人は2週間ほどで症状が軽減してきます。そして認知行動療法は精神科医や心理士が認知や普段の行動を変えていくようにアドバイスしていくものです。不安だと思うその人の行動をあえて行って不安を取り除いていくもので、最初は患者さんは不快に感じますがしばらく続けると不安は下がってきます。不安がなくなることを実感できれば次第に症状は落ち着いてきます。強迫性障害はうつや統合失調症などの心の病気ではなく、脳のセロトニンが不足した機能障害です。症状が多様のため、見分けにくいのが特徴ですが治療を早期にすれば本人は楽になります。症状が一時的によくなっても自分の判断で服薬を中止せず主治医の指示に従うことが大切です。